フォントラインナップ

角ゴシック

ヒラギノ角ゴシック体

くせのないやや広めのフトコロと、画線両端のアクセントにより、読みやすさと存在感を両立しています。明るくつぶれにくく、業界屈指の多彩なウエイト(太さ)バリエーションで、極小サイズのキャプションから特大サイズの見出しまで、幅広く対応します。
テレビCM・テロップ、道路標識・サイン、雑誌・書籍・ポスター、スマートフォン・タブレット端末など日常のあらゆるシーンで多数採用されている人気書体です。

ヒラギノUD角ゴ

ヒラギノ角ゴシック体の基本デザインを踏襲しながら、長く読んでも疲れにくい柔らかな仮名の骨格を採用。ストロークをシンプルにし、濁点・半濁点に強調を加えることで、文字のあるべき美しさと誤読防止処理の両立を追求しています。
欧文(英数字)はヒラギノUDフォントのオリジナルで、文字長が長くなりにくい細身のデザイン。「1」や「7」、「C」や「O」など読み間違えやすい文字の誤読防止に配慮し、ウエイト(太さ)を変えても文字長が変わらない独自のデザイン設計になっています。
漢字、かな、英数字が文章に自然な抑揚・リズムを生み出し、長い文章も心地よく読んでいただけるUD書体です。

ヒラギノUD角ゴF

“Flat” “Fine”を意味する「F」のネーミングが表すとおり、漢字と仮名の字面をほぼ一定にそろえ、明るくすっきり見せることを重視したUD書体。サインデザインから組込みに至るまで、幅広い用途にお使いいただけます。漢字・かなの抑揚が少なく、文字列が均一なラインを生み出すので、明快でハキハキとした印象を与え、太めのウエイトでもすっきりと読めるUD書体です。
欧文(英数字)はヒラギノUDフォントのオリジナルで、文字長が長くなりにくい細身のデザイン。ウエイト(太さ)を変えても文字長が変わらない独自のデザイン設計になっています。

こぶりなゴシック

素直でやわらかな印象を持つゴシック体。字面率を抑えた設計により、詰め組みでも美しく、読みやすい文字組みに仕上がります。雑誌組版に最適な、縦組も横組もバランス良く組める書体です。
※こぶりなは、凸版印刷株式会社の登録商標です。

ヒラギノ角ゴ オールド

昭和初期の金属活字をベースに作られた仮名書体にヒラギノ角ゴの漢字と欧文を組み合わせたゴシック体。優しく懐かしく、どこか力強さも感じる表情豊かな書体です。書籍や雑誌、ポスターなどで人気が高く、デザイン全体に独特の味わいと深みを演出します。

ビジネス活用シーン

ヒラギノ角ゴシック体 W0

これまでで最も細い「ヒラギノ角ゴ W1」の約半分の線幅で設計された超極細ゴシック。極細ながら、ヒラギノ角ゴシックの特徴である画線先端のアクセントや仮名の線の微妙な抑揚、ハライ先端の切り口の処理などはしっかり踏襲し、細部に至るまで調整。均整のとれた骨格と均一なグレートーンが、他にはないクリアで洗練された印象を演出します。

ヒラギノ角ゴシック体 W0

※書体見本(サンプル)は、Mac OS Xで、OpenTypeフォントを使用して作成しております。
お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。

ヒラギノ角ゴシック体 W1

くせのないやや広めのフトコロと、画線両端のアクセントにより、読みやすさと存在感を両立しています。明るくつぶれにくく、業界屈指の多彩なウエイト(太さ)バリエーションで、極小サイズのキャプションから特大サイズの見出しまで、幅広く対応します。
デザイン業界で標準的に使用されているMac OS Xに3書体(W3, W6, W8)が標準搭載され、テレビCM・テロップ、道路標識・サイン、雑誌・書籍・ポスター、スマートフォン・タブレット端末など日常のあらゆるシーンで多数採用されている人気書体です。

ヒラギノ角ゴシック体 W1

※書体見本(サンプル)は、Mac OS Xで、OpenTypeフォントを使用して作成しております。
お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。

ヒラギノ角ゴシック体 W2

くせのないやや広めのフトコロと、画線両端のアクセントにより、読みやすさと存在感を両立しています。明るくつぶれにくく、業界屈指の多彩なウエイト(太さ)バリエーションで、極小サイズのキャプションから特大サイズの見出しまで、幅広く対応します。
デザイン業界で標準的に使用されているMac OS Xに3書体(W3, W6, W8)が標準搭載され、テレビCM・テロップ、道路標識・サイン、雑誌・書籍・ポスター、スマートフォン・タブレット端末など日常のあらゆるシーンで多数採用されている人気書体です。

ヒラギノ角ゴシック体 W2

※書体見本(サンプル)は、Mac OS Xで、OpenTypeフォントを使用して作成しております。
お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。

ヒラギノ角ゴシック体 W3

くせのないやや広めのフトコロと、画線両端のアクセントにより、読みやすさと存在感を両立しています。明るくつぶれにくく、業界屈指の多彩なウエイト(太さ)バリエーションで、極小サイズのキャプションから特大サイズの見出しまで、幅広く対応します。
デザイン業界で標準的に使用されているMac OS Xに3書体(W3, W6, W8)が標準搭載され、テレビCM・テロップ、道路標識・サイン、雑誌・書籍・ポスター、スマートフォン・タブレット端末など日常のあらゆるシーンで多数採用されている人気書体です。

ヒラギノ角ゴシック体 W3

※書体見本(サンプル)は、Mac OS Xで、OpenTypeフォントを使用して作成しております。
お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。

ヒラギノ角ゴシック体 W4

くせのないやや広めのフトコロと、画線両端のアクセントにより、読みやすさと存在感を両立しています。明るくつぶれにくく、業界屈指の多彩なウエイト(太さ)バリエーションで、極小サイズのキャプションから特大サイズの見出しまで、幅広く対応します。
デザイン業界で標準的に使用されているMac OS Xに3書体(W3, W6, W8)が標準搭載され、テレビCM・テロップ、道路標識・サイン、雑誌・書籍・ポスター、スマートフォン・タブレット端末など日常のあらゆるシーンで多数採用されている人気書体です。

ヒラギノ角ゴシック体 W4

※書体見本(サンプル)は、Mac OS Xで、OpenTypeフォントを使用して作成しております。
お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。

ヒラギノ角ゴシック体 W5

くせのないやや広めのフトコロと、画線両端のアクセントにより、読みやすさと存在感を両立しています。明るくつぶれにくく、業界屈指の多彩なウエイト(太さ)バリエーションで、極小サイズのキャプションから特大サイズの見出しまで、幅広く対応します。
デザイン業界で標準的に使用されているMac OS Xに3書体(W3, W6, W8)が標準搭載され、テレビCM・テロップ、道路標識・サイン、雑誌・書籍・ポスター、スマートフォン・タブレット端末など日常のあらゆるシーンで多数採用されている人気書体です。

ヒラギノ角ゴシック体 W5

※書体見本(サンプル)は、Mac OS Xで、OpenTypeフォントを使用して作成しております。
お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。

ヒラギノ角ゴシック体 W6

くせのないやや広めのフトコロと、画線両端のアクセントにより、読みやすさと存在感を両立しています。明るくつぶれにくく、業界屈指の多彩なウエイト(太さ)バリエーションで、極小サイズのキャプションから特大サイズの見出しまで、幅広く対応します。
デザイン業界で標準的に使用されているMac OS Xに3書体(W3, W6, W8)が標準搭載され、テレビCM・テロップ、道路標識・サイン、雑誌・書籍・ポスター、スマートフォン・タブレット端末など日常のあらゆるシーンで多数採用されている人気書体です。

ヒラギノ角ゴシック体 W6

※書体見本(サンプル)は、Mac OS Xで、OpenTypeフォントを使用して作成しております。
お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。

ヒラギノ角ゴシック体 W7

くせのないやや広めのフトコロと、画線両端のアクセントにより、読みやすさと存在感を両立しています。明るくつぶれにくく、業界屈指の多彩なウエイト(太さ)バリエーションで、極小サイズのキャプションから特大サイズの見出しまで、幅広く対応します。
デザイン業界で標準的に使用されているMac OS Xに3書体(W3, W6, W8)が標準搭載され、テレビCM・テロップ、道路標識・サイン、雑誌・書籍・ポスター、スマートフォン・タブレット端末など日常のあらゆるシーンで多数採用されている人気書体です。

ヒラギノ角ゴシック体 W7

※書体見本(サンプル)は、Mac OS Xで、OpenTypeフォントを使用して作成しております。
お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。

ヒラギノ角ゴシック体 W8

くせのないやや広めのフトコロと、画線両端のアクセントにより、読みやすさと存在感を両立しています。明るくつぶれにくく、業界屈指の多彩なウエイト(太さ)バリエーションで、極小サイズのキャプションから特大サイズの見出しまで、幅広く対応します。
デザイン業界で標準的に使用されているMac OS Xに3書体(W3, W6, W8)が標準搭載され、テレビCM・テロップ、道路標識・サイン、雑誌・書籍・ポスター、スマートフォン・タブレット端末など日常のあらゆるシーンで多数採用されている人気書体です。

ヒラギノ角ゴシック体 W8

※書体見本(サンプル)は、Mac OS Xで、OpenTypeフォントを使用して作成しております。
お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。

ヒラギノ角ゴシック体 W9

くせのないやや広めのフトコロと、画線両端のアクセントにより、読みやすさと存在感を両立しています。明るくつぶれにくく、業界屈指の多彩なウエイト(太さ)バリエーションで、極小サイズのキャプションから特大サイズの見出しまで、幅広く対応します。
デザイン業界で標準的に使用されているMac OS Xに3書体(W3, W6, W8)が標準搭載され、テレビCM・テロップ、道路標識・サイン、雑誌・書籍・ポスター、スマートフォン・タブレット端末など日常のあらゆるシーンで多数採用されている人気書体です。

ヒラギノ角ゴシック体 W9

※書体見本(サンプル)は、Mac OS Xで、OpenTypeフォントを使用して作成しております。
お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。

ヒラギノ角ゴ オールド W6

昭和初期の金属活字をベースに作られた仮名書体にヒラギノ角ゴの漢字と欧文を組み合わせたゴシック体。優しく懐かしく、どこか力強さも感じる表情豊かな書体です。書籍や雑誌、ポスターなどで人気が高く、デザイン全体に独特の味わいと深みを演出します。

ヒラギノ角ゴ オールド W6

※書体見本(サンプル)は、Mac OS Xで、OpenTypeフォントを使用して作成しております。
お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。

ヒラギノ角ゴ オールド W7

昭和初期の金属活字をベースに作られた仮名書体にヒラギノ角ゴの漢字と欧文を組み合わせたゴシック体。優しく懐かしく、どこか力強さも感じる表情豊かな書体です。書籍や雑誌、ポスターなどで人気が高く、デザイン全体に独特の味わいと深みを演出します。

ヒラギノ角ゴ オールド W7

※書体見本(サンプル)は、Mac OS Xで、OpenTypeフォントを使用して作成しております。
お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。

ヒラギノ角ゴ オールド W8

昭和初期の金属活字をベースに作られた仮名書体にヒラギノ角ゴの漢字と欧文を組み合わせたゴシック体。優しく懐かしく、どこか力強さも感じる表情豊かな書体です。書籍や雑誌、ポスターなどで人気が高く、デザイン全体に独特の味わいと深みを演出します。

ヒラギノ角ゴ オールド W8

※書体見本(サンプル)は、Mac OS Xで、OpenTypeフォントを使用して作成しております。
お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。

ヒラギノ角ゴ オールド W9

昭和初期の金属活字をベースに作られた仮名書体にヒラギノ角ゴの漢字と欧文を組み合わせたゴシック体。優しく懐かしく、どこか力強さも感じる表情豊かな書体です。書籍や雑誌、ポスターなどで人気が高く、デザイン全体に独特の味わいと深みを演出します。

ヒラギノ角ゴ オールド W9

※書体見本(サンプル)は、Mac OS Xで、OpenTypeフォントを使用して作成しております。
お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。

ヒラギノUD角ゴ W3

ヒラギノ角ゴシック体の基本デザインを踏襲しながら、長く読んでも疲れにくい柔らかな仮名の骨格を採用。ストロークをシンプルにし、濁点・半濁点に強調を加えることで、文字のあるべき美しさと誤読防止処理の両立を追求しています。
欧文(英数字)はヒラギノUDフォントのオリジナルで、文字長が長くなりにくい細身のデザイン。「1」や「7」、「C」や「O」など読み間違えやすい文字の誤読防止に配慮し、ウエイト(太さ)を変えても文字長が変わらない独自のデザイン設計になっています。
漢字、かな、英数字が文章に自然な抑揚・リズムを生み出し、長い文章も心地よく読んでいただけるUD書体です。

ヒラギノUD角ゴ W3

※書体見本(サンプル)は、Mac OS Xで、OpenTypeフォントを使用して作成しております。
お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。

ヒラギノUD角ゴ W4

ヒラギノ角ゴシック体の基本デザインを踏襲しながら、長く読んでも疲れにくい柔らかな仮名の骨格を採用。ストロークをシンプルにし、濁点・半濁点に強調を加えることで、文字のあるべき美しさと誤読防止処理の両立を追求しています。
欧文(英数字)はヒラギノUDフォントのオリジナルで、文字長が長くなりにくい細身のデザイン。「1」や「7」、「C」や「O」など読み間違えやすい文字の誤読防止に配慮し、ウエイト(太さ)を変えても文字長が変わらない独自のデザイン設計になっています。
漢字、かな、英数字が文章に自然な抑揚・リズムを生み出し、長い文章も心地よく読んでいただけるUD書体です。

ヒラギノUD角ゴ W4

※書体見本(サンプル)は、Mac OS Xで、OpenTypeフォントを使用して作成しております。
お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。

ヒラギノUD角ゴ W5

ヒラギノ角ゴシック体の基本デザインを踏襲しながら、長く読んでも疲れにくい柔らかな仮名の骨格を採用。ストロークをシンプルにし、濁点・半濁点に強調を加えることで、文字のあるべき美しさと誤読防止処理の両立を追求しています。
欧文(英数字)はヒラギノUDフォントのオリジナルで、文字長が長くなりにくい細身のデザイン。「1」や「7」、「C」や「O」など読み間違えやすい文字の誤読防止に配慮し、ウエイト(太さ)を変えても文字長が変わらない独自のデザイン設計になっています。
漢字、かな、英数字が文章に自然な抑揚・リズムを生み出し、長い文章も心地よく読んでいただけるUD書体です。

ヒラギノUD角ゴ W5

※書体見本(サンプル)は、Mac OS Xで、OpenTypeフォントを使用して作成しております。
お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。

ヒラギノUD角ゴ W6

ヒラギノ角ゴシック体の基本デザインを踏襲しながら、長く読んでも疲れにくい柔らかな仮名の骨格を採用。ストロークをシンプルにし、濁点・半濁点に強調を加えることで、文字のあるべき美しさと誤読防止処理の両立を追求しています。
欧文(英数字)はヒラギノUDフォントのオリジナルで、文字長が長くなりにくい細身のデザイン。「1」や「7」、「C」や「O」など読み間違えやすい文字の誤読防止に配慮し、ウエイト(太さ)を変えても文字長が変わらない独自のデザイン設計になっています。
漢字、かな、英数字が文章に自然な抑揚・リズムを生み出し、長い文章も心地よく読んでいただけるUD書体です。

ヒラギノUD角ゴ W6

※書体見本(サンプル)は、Mac OS Xで、OpenTypeフォントを使用して作成しております。
お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。

ヒラギノUD角ゴF W3

“Flat” “Fine”を意味する「F」のネーミングが表すとおり、漢字と仮名の字面をほぼ一定にそろえ、明るくすっきり見せることを重視したUD書体。サインデザインから組込みに至るまで、幅広い用途にお使いいただけます。漢字・かなの抑揚が少なく、文字列が均一なラインを生み出すので、明快でハキハキとした印象を与え、太めのウエイトでもすっきりと読めるUD書体です。
欧文(英数字)はヒラギノUDフォントのオリジナルで、文字長が長くなりにくい細身のデザイン。ウエイト(太さ)を変えても文字長が変わらない独自のデザイン設計になっています。

ヒラギノUD角ゴF W3

※書体見本(サンプル)は、Mac OS Xで、OpenTypeフォントを使用して作成しております。
お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。

ヒラギノUD角ゴF W4

“Flat” “Fine”を意味する「F」のネーミングが表すとおり、漢字と仮名の字面をほぼ一定にそろえ、明るくすっきり見せることを重視したUD書体。サインデザインから組込みに至るまで、幅広い用途にお使いいただけます。漢字・かなの抑揚が少なく、文字列が均一なラインを生み出すので、明快でハキハキとした印象を与え、太めのウエイトでもすっきりと読めるUD書体です。
欧文(英数字)はヒラギノUDフォントのオリジナルで、文字長が長くなりにくい細身のデザイン。ウエイト(太さ)を変えても文字長が変わらない独自のデザイン設計になっています。

ヒラギノUD角ゴF W4

※書体見本(サンプル)は、Mac OS Xで、OpenTypeフォントを使用して作成しております。
お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。

ヒラギノUD角ゴF W5

“Flat” “Fine”を意味する「F」のネーミングが表すとおり、漢字と仮名の字面をほぼ一定にそろえ、明るくすっきり見せることを重視したUD書体。サインデザインから組込みに至るまで、幅広い用途にお使いいただけます。漢字・かなの抑揚が少なく、文字列が均一なラインを生み出すので、明快でハキハキとした印象を与え、太めのウエイトでもすっきりと読めるUD書体です。
欧文(英数字)はヒラギノUDフォントのオリジナルで、文字長が長くなりにくい細身のデザイン。ウエイト(太さ)を変えても文字長が変わらない独自のデザイン設計になっています。

ヒラギノUD角ゴF W5

※書体見本(サンプル)は、Mac OS Xで、OpenTypeフォントを使用して作成しております。
お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。

ヒラギノUD角ゴF W6

“Flat” “Fine”を意味する「F」のネーミングが表すとおり、漢字と仮名の字面をほぼ一定にそろえ、明るくすっきり見せることを重視したUD書体。サインデザインから組込みに至るまで、幅広い用途にお使いいただけます。漢字・かなの抑揚が少なく、文字列が均一なラインを生み出すので、明快でハキハキとした印象を与え、太めのウエイトでもすっきりと読めるUD書体です。
欧文(英数字)はヒラギノUDフォントのオリジナルで、文字長が長くなりにくい細身のデザイン。ウエイト(太さ)を変えても文字長が変わらない独自のデザイン設計になっています。

ヒラギノUD角ゴF W6

※書体見本(サンプル)は、Mac OS Xで、OpenTypeフォントを使用して作成しております。
お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。

こぶりなゴシック W1

素直でやわらかな印象を持つゴシック体。字面率を抑えた設計により、詰め組みでも美しく、読みやすい文字組みに仕上がります。各ウエイトを使い分けることで、本文、キャプション、タイトル、見出しなど、幅広い用途にご使用いただけます。雑誌組版に最適な、縦組も横組もバランス良く組める書体です。

こぶりなゴシック W1

※書体見本(サンプル)は、Mac OS Xで、OpenTypeフォントを使用して作成しております。
お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。

こぶりなゴシック W3

素直でやわらかな印象を持つゴシック体。字面率を抑えた設計により、詰め組みでも美しく、読みやすい文字組みに仕上がります。各ウエイトを使い分けることで、本文、キャプション、タイトル、見出しなど、幅広い用途にご使用いただけます。雑誌組版に最適な、縦組も横組もバランス良く組める書体です。

こぶりなゴシック W3

※書体見本(サンプル)は、Mac OS Xで、OpenTypeフォントを使用して作成しております。
お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。

こぶりなゴシック W6

素直でやわらかな印象を持つゴシック体。字面率を抑えた設計により、詰め組みでも美しく、読みやすい文字組みに仕上がります。各ウエイトを使い分けることで、本文、キャプション、タイトル、見出しなど、幅広い用途にご使用いただけます。雑誌組版に最適な、縦組も横組もバランス良く組める書体です。

こぶりなゴシック W6

※書体見本(サンプル)は、Mac OS Xで、OpenTypeフォントを使用して作成しております。
お使いいただく環境によって、書体見本(サンプル)と実際の画面表示が異なる場合があります。

ページの先頭へ